リスク管理体制

当社は、当社グループ全体の企業価値を維持・増大していくために、事業に関連する内外のさまざまなリスクを特定・認識、および評価し、当該リスクへの適切な対応を行うべく、当社グループにおける統合的リスク管理を行っています。

1.リスク管理の基本方針

当社は「グループリスク管理方針」を制定し、当社グループの経営方針に即したリスク管理態勢を構築し、また、グループ各社の業態およびリスク特性に応じたリスク管理を行うことにより、当社グループ全体の企業価値向上を目指しています

2.リスク管理の体制

当社は、当社グループリスク管理を担当するための部署として、リスク・コンプライアンス部が各種のリスク管理を担当し、取締役会、監査役、ならびに監査部とも適切な連携を行っています。また、各種リスクへの対応方針、リスク管理の方法、その他関連する重要事項について報告を受け、協議するための会議体として、リスク・コンプライアンス委員会を設置しております。

3.管理すべきリスクの種類と定義

当社は、当社グループが行う事業の性質から、信用リスク、市場リスク、流動性リスク、オペレーショナルリスクを管理対象のリスクカテゴリーとして定義し、当社グループとして適切な管理体制となっていることを確認しています。これらのリスクの種類と定義は、環境変化など必要に応じ見直しを行います。

4.グループリスク管理

当社は、当社グループ内のリスクの波及、リスクの偏在、リスクの集中がグループ全体の健全性の確保等に重大な影響を与えることに留意し、的確に対応するためのリスク管理を行います。また、当社は、グループ各社がそれぞれ独立した法人として、自ら財務の健全性の確保、利用者保護・利用者利便の向上に努めるために必要なリスク管理態勢が構築されていることを確認しています。