マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与防止に係る基本方針

1.運営方針

私たちZフィナンシャル株式会社および子会社・関連会社(以下総称して「当グループ」といいます。)は、マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与(以下「マネー・ローンダリング等」といいます。)を防止するため、マネー・ローンダリング等の防止に係る適切な内部管理態勢の整備およびグループ内での情報共有態勢の整備を図ります。また、グループ内の特定事業者においては、犯罪による収益の移転防止に関する法律および監督当局が公表するガイドラインなどマネー・ローンダリング等に係る本邦および各国の法令ならびに国際的要請を踏まえ、グループ内の特定事業者の業態等を勘案したリスクベースアプローチでの適切な内部管理態勢の整備を図ります。

2.内部管理態勢および情報共有態勢の整備

当グループは、マネー・ローンダリング等防⽌を経営の重要課題の⼀つと位置づけ、経営陣が深く関与し、態勢整備に取り組みます。また、定期的にグループ内の特定事業者間との情報共有を行うための会議体等態勢を整備運営します。

3.特定事業者における対応

当グループは、グループおよびグループ各社のリスクの特定と評価に基づき、マネー・ローンダリング等を防止するため、以下のような対応を徹底します。
・本人確認を含む適切な取引時確認の実施
・上記の結果を踏まえた継続的顧客管理を含む適切な顧客管理措置
・適時かつ定期的な取引フィルタリングおよび取引モニタリングの実施
・「不審な取引」を検知した場合の速やかな疑わしい取引の届出
・上記に係る必要な記録の作成および保存

4.役職員の研修

当グループは、役職員に対して、マネー・ローンダリング等を防止するため、定期的な研修を実施することにより、役職員の専門知識および意識の向上を図ります。

5.遵守状況の検証

当グループは、マネー・ローンダリング等の防止に係る法令の遵守状況や対応の実効性をモニタリングし、その結果を踏まえて、継続的な態勢改善に努めます。

以上
2022年3月30日現在